※You will be redirected to Choice Hotel International official website by clicking each hotel name.
Rates and the membership program differ from Japanese website.

Global Site

You can see the FAQ as follows.

FAQs

Close

Choice HoteLog ホテルブログ

2022.11.15 コンフォートホテル呉

呉の秋祭りには欠かせない神様の遣い【やぶ】

やぶ

呉の秋祭りに必ず登場するのが【やぶ】。これは呉特有の呼称で、一般的な言い方をすると鬼のことです。なぜ、このような呼び方になったのか、いつから登場したのか、その起源については、資料が残っておらず現在でも明らかになっていません。

まず【やぶ】の見た目ですが、亀甲柄等の着物を着ており、背中には大きな注連縄、手には長い竹棒を携えています。
地域によって着物の柄や注連縄の太さが違い、お面の形も地域差、個体差があり丸形や面長、口を開けた阿型、口を閉じた吽型等様々です。面の色も赤系が多いですが、緑面、黄面をつけたものもいます。

【やぶ】の役目は、神様の警護役と神社に奉納されるお米のチェックです。奉納されるお米(俵)を竹棒で突っついて、粗悪なお米や変な物が奉納されないか確認をするわけです。また籾柄が取れてお米がより美味しくなるとも言われています。


 

やぶ

今回の記事を書くにあたり、街かど市民ギャラリー90で開催されておりました「昭和のやぶ展」にてやぶ面の写真を撮影、掲載の許可を頂きました。

一般的な鬼=悪いイメージですが、呉のやぶは神様の遣いです。

お祭りでは、俵神輿(通称:とんぼ)を担いだ氏子が社殿への奉納を試み、竹棒を構えたやぶ達がそれを全力で阻止する「俵もみ」が見どころです。体格が良く気性の荒いやぶが多いので、なかなか一筋縄でいきません。長いときには激しい攻防が1時間位繰り返され、お祭りは最大の熱気に包まれます。
今年のお祭りは終了してしまったのですが、例年10月上旬に亀山神社、11月3日には呉市内各地の神社でその光景をお目にかかる事ができます。

余談ですが、神の遣いである【やぶ】に抱っこされた子どもはとっても元気に育つといわれています。
最寄りのホテル
コンフォートホテル呉 https://www.choice-hotels.jp/hotel/kure/

カテゴリ

すべて

本部

北海道エリア

東北エリア

関東エリア

北陸・信越エリア

東海エリア

近畿エリア

中国・四国エリア

九州エリア

沖縄エリア

※所要時間は、徒歩の場合1分間につき直線距離80m、車の場合1時間につき直線距離50kmを要するものとして算出した数値です。

CLOSE ×

ご予約確認・変更・キャンセルフォーム

閉じる

CLOSE

MENU